GPK Ride Vol.2 レポート

お昼やすみは「じゃんけんぽーーん!」

2017年6月11日、グリーンパーク弘楽園にて、様々ライダーが集い楽しむイベント「GPK Ride Vol.2」が行われました。
このイベントは、ロードコース、ジムカーナコースの両方を使い、「サーキット走行」「パイロンスラローム」「8の字練習」「パイロンジムカーナコース」の4種類の遊び場をご用意し、ライダーそれぞれの目的や志向に合わせてライディングを楽しんでいただます。

お昼休みはみんなで食べよう!

普通のバイクイベントですと、お昼休みはライダーそれぞれが各自で食事をとりますが、このイベントでは「ライダーが集い、交流する」ことを目的としておりますので、お昼休みは皆様に集まっていただき、一緒に食事をとります。今回は併催の「Enjoy KART」がおこなわましたので、カートドライバーの皆様も昼食会場にお越しいただきました。この食事の中で、ジャンルを超えた方々同士の会話が生まれ、いろんなお話を聞くことができるんですよね。筆者も一緒にとらせていただいた中で、カートレースの面白話を聞けたりして、普段なかなか聞けないお話を聞けたり、交流することができて、新しいキッカケができたり、新しい「出会い」にもつながるんですよね・・・・
そして、昼食会のシメは「ジャンケン大会!」豪華商品をもらって皆様笑顔でしたね!

これからも、この「昼食はみんなで!」は続けていこうと思っています。

この施設には「お食事処 あすなろ」があり、受付時にご注文いただいた方にはあすなろ特製弁当をいただけます。(1食 800円)今回も10名以上の方にご注文いただき、写真のあすなろ店長福田さんが手作りで美味しいお弁当を作ってくださいます。
福田さん、いつも体も心も温まるお弁当を作っていただきありがとうございます。

GPK Rideのメインとなる走行会のクラス「MYLAPS ATTACK」20分間のロードコース走行を1日3回行い、それ以外の時間を使って「キホンパーク」でスラローム練習や8の字練習、そしてパイロンジムカーナコースでスポーツライディングを楽しんでいただく、というものです。サーキット走行ではクラス名にあるMYLAPS社のトランスポンダ(計測器)を使用し、サーキットでのラップタイムを計測します。モチロン走行後には1日走った証として、ラップタイム一覧をプリントアウトしてお渡ししております。1日のご自身の成長具合などもしっかりチェックできますよ。

パイロンジムカーナコース、今回はこんな感じで作りました。この写真に写っていませんが、このコースの右側に8の字練習ができる「8の字広場」と、スラローム練習ができる「スラローム広場」があり、サーキット走行時間以外は自由にライディングしていただくことができます。(モチロンレースのクラスに参加している方も、空いている時間にこの広場でライディングしていただけます)このキホンパークでしっかり練習して、サーキットでアタックしたり、ライディングを楽しんでいただくことができますので、楽しみ方によっては、お昼休み以外、「ずーーっと」バイクに乗ることも可能!ってことです。でも、自分のペースで思いっきりライディングを楽しめる週末があってもいいかな・・・と思って、このイベントをやっております。

このイベントや他のジムカーナイベント等でスポーツライディングにハマった「隊長」さん。
前回ご参加いただいた時のバイクはオフロード用のフロント21インチ、リア18インチホイールにロードタイヤを装着していたのですが、キホンパークのスタッフ愛川さんにジムカーナコースでついていけなかったのが悔しかったらしく、ナント!前後17インチホイールとロードタイヤに換装し、バッチリスポーツライディング仕様にチェンジしました。こんなスポーツライディングの楽しさに気づいていただける方が出てきてくださって、本当に嬉しいです。これからもスポーツライディングの楽しさを伝え、遊び場を提供し続けられるよう頑張らなくっちゃ!

GPK Rideでは、まずはサーキット走行やスポーツライディングってどんなものかやってみたい!という方向けに「体験走行」枠を設けております。
体験走行クラスでは、先導付きのロードコース体験走行と、キホンパークでのライディング1時間をしていただくことができます。まずは体験走行をしていただき、スポーツライディングの楽しさや、サーキット走行の素晴らしさを体験していただければと思います。

GPK Rideでは、ミニバイクからビックマシンまでが楽しめるレースクラスもございます。このレースクラスは、タイムアタック、予選レース、決勝レースを行い順位を決まます。参加台数次第ではクラス別にレースを行う予定です。でも、表彰はクラス別に行いますので、レースで大きなバイクに負けても、クラスで優勝!なんてことも十分にありますよ。また、このレースではこのコースにぴったりな125ccマシン、KTM社製DUKE125・RC125によるレース「DUKE & RC125 CUP」も行っております。その他ミニバイク、ストリート、スーパーモトのクラス分けを行いレースを行っております。今大会では参加台数の関係から全クラス混走でのレースとなりましたが、そんな混走レースだからこそできる「ハンデ」をつけてのレースを行いました。予選レースで1位だった選手が約1周、2位の選手に約3分の2周のハンデをつけてレースを行いました。そうすることで、後半トップ争いのバトルが生まれ、走るライダーも観戦する皆様も楽しめるレースになりました。そんな「楽しんだもの勝ち!」なレースを行っております。

次回Vol.3は7月23日に開催いたします。次回は2週間後に全日本スーパーモトがこのコースで行われますので、もしかしたらスーパーモトレースに向けたコースがひょっとしたら作らるかも?です。まだ決定ではありませんがスーパーモトの参加台数次第ではスーパーモト専用の走行枠を作ろうかと計画中です。
でも、ストリートライダーやビギナーをおろそかにはしませんよ。しっかりとパイロンジムカーナコースも作りますのでお楽しみに(笑)簡易計測器もございますのでタイムもしっかり
測れますよ。こちらも是非お楽しみに!!

詳しくはこちらの専用ページよりご覧ください。

皆様のご参加、お待ちしております!!

SMJエンデューロWEBエントリー LUCAS CUP WEBエントリー GPK Ride WEBエントリー コースカレンダー レーススケジュール レース規則&エントリー用紙 アクセスMAP 走行料 モータースポーツ会員証 弘楽園へのお問合せ 喫茶・お好み焼き あすなろ エンジョイカートシリーズ オフィシャルクラブ募集